ハロウィンはいつあるの?なにを祝うの?疑問まとめ

日本でも定着したハロウィン。毎年10月31日になると、街には仮装やコスプレをした人たちがあふれ出すほどの人気イベントです。

ハロウィンと聞くと、カボチャをくり抜いてランタンにして飾ったり、仮装やコスプレをしたり、お菓子をプレゼントしたり楽しいイメージばかりですよね。

しかし、まだまだ知らないことはありませんか?はたして、楽しいだけのお祭りでしょうか?

仮装やコスプレをして街に繰り出したものの、なぜこのようなお祭りが開催されているのと聞かれると答えられる人は少ないというのも面白くて不思議ですよね。

今回はその疑問にお答えしていきます。

本来の意味を知って、日本の風習を今一度再認識してみましょう。

ハロウィンって本来なにを祝っているの?

ハロウィン(英語「HalloweenまたはHallowe’en」)とは、古代ケルト人(バルカン半島~アイルランド地方)が起源とされ1年の終わりである10月31日に秋の収穫祭を祝い、悪霊を追い出す宗教的な意味合いのある祭です。

現代では、宗教的な意味合いはほとんどなくなり、カボチャの中身をくりぬいたジャックオーランタンを飾り、家々を訪れた子どもたちの「トリックオアトリート(Trick or Treat)」=(いたずらかごちそうか)にセリフに対して大人が「ハッピーハロウィン」もしくは「トリート」=(ごちそう)と答えてお菓子を配ります。

お菓子の準備をして大人を驚かせようと可愛く仮装した子どもたちが家に来るのを待つのも楽しみですよね。

■カボチャはもともとカブだった

昔々、アイルランドの悪人ジャックは、亡くなった後、地獄からも追い出されます。永遠にさ迷うことになったジャックが暗い足元を照らすのにカブをくりぬいてランタンを作ったお話があります。

それが、アメリカに渡るとカブがカボチャになって今になっています。

ハロウィンの主役がカボチャでなくカブのままだったら、世界的なイベントになっていなかったかもしれませんね。

■なぜハロウィンでは仮装するの?

1年の終わりとなる10月31日の夜になると、この世とあの世の境目がなくなってしまい、あの世から悪霊や死者の霊がこの世に帰ってきてしまうと信じられています。

そこで、仮装をして悪霊や死者を驚かせて追い出す、仲間だとアピールしてあの世に連れて行かれないようにする目的だといわれています。

ハロウィンと日本のお盆の大きな違い

ハロウィンは亡くなったご先祖様の霊も何もかも追い出してしまおうとする宗教的な祭です。それにあたる日本の行事と言えば8月13~16日に「お盆」があります。

お盆も同じように1年に一度だけ亡くなった霊が子どもや家族のところに帰ってくるとされています。

迎え火を焚いて霊をお迎えし、明けると送り火を焚いてお送りします。

法要として供養やお墓参りも慣例になっています。企業もこの時期は、夏季休暇とするところが多くあります。

霊をお迎えする日本のお盆はハロウィンとは真逆ですよね。

お祭り騒ぎはないですが、忙しい毎日の中、離れ離れに生活する家族や親せきが集まる機会にもなります。なかなか、この時期に帰れていない方は今年こそは帰ってみいたいですよね。

2017年のハロウィンイベントはここがオススメ

全国各地で行われる選りすぐりのハロウィンイベントを紹介します。

・お台場ハロウィンゴーストシップ

10月30日・19~21時・お台場パレットタウン

https://eventsearch.jp/facility/halloween-ship

・東京ディズニーランド

9月8日~10月31日

http://www.tokyodisneyresort.jp/calendar/event.html

まだまだ日程が決まっていないところが多くありますが、渋谷、原宿などの都心部のパレードは今年もすごい盛り上がりになりそうですね。

ハロウィン料理を囲み家族や友人と盛り上がりましょう

ハロウィンイベントに参加するのも楽しいですが、飾りつけをして家でのホームパーティーもいいものですよね。

そこで、ハロウィンの伝統料理を紹介しますので、是非ご参考に。

・バーンブラック

ドライフルーツ入りのパンケーキ。

この中に指輪やコインを入れ、指輪が出てきた人は早く結婚でき、コインが出てきた人はお金持ちになるといわれています。

レシピ

https://cookpad.com/recipe/68763

・パンプキンパイ

代表的な料理です。西洋カボチャはカロテン、ビタミンE、ビタミンCがたくさん含まれるのでアンチエイジング効果が高い食品といわれています。

レシピ

https://cookpad.com/recipe/4594875

・アップルサイダー

りんごの収穫祭も行われていたこともあり定番の食材です。りんごは医者いらずといわれるほどの健康食品。疲れを取り除き、活性酸素を抑え、がん予防にも効果があるといわれるポリフェノールがたくさん含まれます。

レシピ

https://cookpad.com/recipe/4253708