最新医療 30歳代から8割疾患!歯周病がもたらす恐ろしい全身疾患

厚生労働省の平成26年の調査によると歯周病の有病率は20歳代で7割、30~50歳代で

約8割、60歳代で9割にも上ります。

最も多くの人が疾患しているにも関わらず生活習慣病の一つとしてしか認識されておらず、

どんな病気かはあまり知られていません。

また、最新の研究結果によると様々な全身疾患との密接な関係が分かってきました。

今回は歯周病がもたらす恐ろしい疾患を紹介していきます。

よく聞く歯周病ってどんな病気?

歯周病とは、歯の隙間などにこびりついた歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症

を引き起こし、それが歯を溶かしていき最終的には歯を失う病気のことです。

進行していき、歯茎の組織が破壊されて腫れたり膿んだりすると、

歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれることもりますが、現在は歯周病という

呼び方のままが一般的です。

歯垢はほっておくと、歯石になり歯磨きなどでは取り除けなくなります。

自分で硬いもので無理に取り除くのは、歯や歯茎を無駄に傷つけてしまいますの

で歯科医で治療してもらうことをオススメします。

初期症状は、ほとんど痛みがなく歯磨きの時に少し出血するだけなので、

そのまま放置している人が多いのも、この病気の問題です。

しかし、そのままにしておくと歯を溶かされてしまい、いずれは歯が抜け落ちます。

歯がなくなれば、物が噛めないだけではなく口がすぼみ「高齢者の顔」になってしまいます。

それだけではなく、全身疾患との関係も指摘されている恐ろしい病気なのです。

歯周病が全身に及ぼす影響

糖尿病やリウマチになると、免疫力が低下するタメ歯周病が悪化することは知られて

いましたが、最近になって逆に歯周病が要因になって糖尿病になることも分かっています。

特に心臓病(心疾患⇒心筋梗塞・狭心症など)と密接に関係していることが分かってきました。

病気(※一部抜粋)とその理由を説明していきます。

心筋梗塞

歯周病菌は歯肉から血管を通って心臓にも移動し、血管壁に炎症を引き起こします。

これにより炎症した部分が動脈硬化を引き起こし「心筋梗塞」の要因になります。

動脈硬化の部分からは、歯周病菌が数多く見つかっています

(東京医科歯科大学でも確認されている)。

歯周病でない人と比べて疾患にかかる確率が高いことが分かっています。

※アメリカの報道によると、心筋梗塞に疾患する数は歯周病でない人の2.48倍も

高いとの報告があります。

※歯周病があると、心臓病を伴うリスクは37%上昇するとの報告もあります。

呼吸器疾患

歯周病菌が混じった唾液(だえき)が誤飲により気管支から肺に入ると、

肺炎を引き起こす要因になります。

特に高齢者になると誤飲を起こしやすくなるタメ、注意が必要になります。

糖尿病

糖尿病のリスクが高まるだけでなく、歯周病に対する免疫反応からインスリンの効果を

妨げることが分かってきています。

それにより、治療による血糖値のコントロールが難しくなります。

アメリカで有名になったキャッチコピー「口腔清掃か死」という20年近く前に

いわれていたことは間違っていなかったことが、最新医学による研究結果で出た多くの

証拠とともに証明されてきています。

歯周病の予防と生活習慣の見直し

慢性的な歯周病菌は、全身に悪さをすることが分かってきています。

病気から身を守るタメに毎日の歯磨きとうがいを更に意識したいですね。

それと同時に生活習慣を予防していきましょう。

毎日の歯磨きとうがいを更に意識する

禁煙またはタバコの本数を減らす

塩分を控える

節度ある飲酒を心掛ける

過剰な食事を控える

運動の時間を増やす

十分な休養と睡眠を取る

精神的なストレス解消方法を充実させる

心配な方は、歯科検診に行ってみてはいかがでしょう。

歯垢の除去と正しい歯磨きの指導が受けられます。

「口腔清掃で健康」をキャッチコピーに健康に努めましょう。

歯のみがき方ー日本歯科医師会↓

https://www.jda.or.jp/hamigaki/